静岡のアクティビティなら

YUTAKAS JAPAN


エリア別
伊豆エリア
浜松エリア
アクティビティ別
シュノーケリング
SUP
ビーズづくり
YJ blog
関連情報
楽天トラベル(レンタカー)
楽天トラベル
  • YJ blog
  • 静岡
  • ヒリゾ浜観光に行く人へ!【これだけは確実に抑えたい持ち物リスト】

”ヒリゾ浜行くんだけど、なに持ってけばいいの?”

2017年夏にヒリゾ浜に初上陸した経験から、持っててよかったもの、持ってなくて後悔したものを紹介したい。

これを抑えれば、ヒリゾ浜で快適に過ごせると思う。

名前に「浜」がつくのに、実際はほぼ岩場

「ヒリゾ浜」というキラキラネームと「沖縄♪」みたいなイメージに騙されてはいけない。

ヒリゾ浜は「浜」とついているが、実際砂地はほとんど無く、ほぼ全面岩場だ。

▼ヒリゾ浜の様子。岩がごつごつ

①マリンシューズ(必須度:★★★★★)

快適に動けるようにするには、底が硬いゴム地等のマリンシューズが必須。

ちなみにaoichanが持っているのはこれ▼

マリンシューズ

定価から圧倒的な値引き額で購入できてお得!

のくせに、軽くて強くてコンパクトにもなるという神スペック。

普段履きしたいくらい気に入ってるアイテムです。

もちろん普通の靴でも問題なし!だけど、海に行く時にいちいち脱がないといけないのが面倒くさいのでマリンシューズをあらかじめ履いて行っちゃった方が良いと思います。

②テントの下に引く分厚い敷物(必須度:★★★☆☆)

ヒリゾ浜=岩場

と冒頭で書いたが、正確には、多少の平たい砂地っぽいスペースもある。

だが、繁忙期の混雑ではそのスペースを確保するのはほぼ不可能なため、基本的にゴツゴツでデコボコな岩場の上で休憩場所を確保することになるだろう。

普通のサマーテントをそのまま敷くと、座った重みでテントが下の岩につられて床が破れてしまう可能性がある

こんな感じでね。悲しい▼

なので、破れないようにするためにもテントマットがあると良い

③パイプ椅子(必須度:★★★☆☆)

海から上がってきて小休憩を取る時、テントの中に入って座ったが、岩がゴツゴツしててお尻のおさまりが良くない!みたいなのがヒリゾあるあるだ。

パイプ椅子を用意しておけば安心。

海水浴は休憩をしっかり取ることがとっても大事。

ヒリゾの醍醐味!熱帯魚たちと戯れるためにシュノーケリングが必須

シュノーケル(必須度:★★★★★)

書くまでもないが、念のため。

ヒリゾ浜を堪能するには確実に必要。

逆にシュノーケルさえあれば、海は大丈夫だ。

浜には食べ物屋さんがないので、食料は買っていった方がよい

小腹がすいた時の食べ物・飲み物(必須度:★★★★☆)

船でヒリゾ浜まで渡ってしまうと、そこは売店など一切ない。

逆にボートに乗る手前、駐車場の付近はいくつかお店があるが、例えば、朝からヒリゾ浜で泳いでランチを食べにちょっと売店まで戻る、、みたいなことはあんまりおすすめしない。

なぜなら、一旦ボートに持って駐車場の方まで戻るのは可能だが、もう一回ヒリゾ浜に戻ってくるのに乗船券(1500円)を買わないといけなくて、ちょっと損した気分になっちゃいそうだから。あとは、単純に時間もかかるしね。

それなら事前にコンビニなどで買ってヒリゾ浜に乗り込むことをおすすめする。

最後に

ヒリゾ浜の環境は、地元の人たちの地道なごみ拾いなど、徹底した水質管理によって保たれている。

ごみは1粒も残さずに必ず全部持って帰ろう。

・・・というか、海が綺麗すぎて、自然と「持って帰ろう」

・・・というかむしろ「あそこ落ちてるゴミも拾って帰ろう」

という気持ちにさせてくれるので心配はいらない。

それでは、いってらっしゃいませ!

※基本的なアイテム(水着・タオル・着替え)とかは書いてないけど持ってってよ!笑

いじょじょ


Copyright © 2019 YUTAKAS JAPAN All Rights Reserved.