渋谷でダーツの旅するために、ダーツを480円でDIYしてみた

other

どうも、「無いものは自分で作ろう」がモット―のshokoです。

先週末、友人と渋谷でダーツの旅した。

これが想像以上に大盛り上がりしたので、今回はダーツの旅用のダーツと地図の作り方を書きたいと思います。笑

ダーツの旅しよ!ってなってから、ネットでダーツの作り方を探したんだけど、イメージと合うものが見つからなかった。

「無いなぁ..」.と思いながら100円ショップのダイソーに入ったり出たり入ったりしてたら、発明してしまいました。

必要なモノは100円ショップとコンビニで全部揃う。総額480円。

これで普段何気なく行ってる場所でも、新しい発見ができるようになると嬉しいな。笑

完成イメージは、「プスッ」って刺さるやつ

「ダーツ 作る」とググると、出てくるダーツは2種類。

  • マジックテープのダーツ
  • マグネットのダーツ

んーーーーーーーーー(・へ・)

今回作りたいのは、ダーツの旅用のダーツ。

しかも、広範囲の地図に向かって矢を投げて「湘南みたいにエリアを絞るためのものというより、1エリアに絞って「ジョナサン」<みたいな感じで行先のお店をピンポイントで決めれるダーツを作りたい。 さらにさらに、ダーツの旅と言っても半日しか時間がないので短時間で簡単に作れるダーツが良い。 マグネットやマジックテープのダーツだと、ピンポイントで行き先を刺せないし、作るの時間かかりそう。 完成イメージは、発泡スチロールに針を刺す感じのやつ。 という訳で、ネットに参考になる情報が無かったので、自分で作っちゃいます。

作り方

STEP1:地図範囲の決定

まず、ダーツの旅の範囲を決めます。
※ここが一番重要。センス問われる。

参加者の状況をくみ取り、みんなが楽しめる範囲を選ぼう。

今回の場合、

  1. 土曜日の午後半日でやりたい=広範囲は無理
  2. 友人が途中参加したり途中抜けする=みんなアクセスが良い場所
  3. お酒が飲みたい=車使わず移動できる場所

という3つの条件から、地図範囲を”奥渋(渋谷の奥の方)”に決定。

”奥渋”を中心に半径400mくらいを対象に地図を作ることにした。

▼実際使用した地図の範囲

※建物がうっすら見えるようにしたのがポイント

STEP2:地図範囲を決めたら、データを作ってコンビニで印刷

  1. googlemapで範囲を決定(「渋谷」と検索して、いい感じになるまで地図をズーム)
  2. 画面を切り取る(windows PCを使っている場合、snipping toolというデフォルトであるアプリケーションを使用)
  3. 切り取った画像をPDFで保存し、USBに入れる (コンビニで印刷できるのはPDFのみなので)
  4. コンビニでA3でカラー印刷1枚80円(ネットワークプリントからPDFプリントを選択)

これで地図は出来あがり。次はこの地図を貼り付ける発砲スチロールを探す。

STEP3:印刷した地図を貼り付けるボードを買う

発砲スチロールとノリを買います。

【ダイソー】発砲スチロールボード(A4、2枚セット)
→ライブのうちわを作る時によく使われている蛍光カラーのやつ。大体工作コーナーにある。

【ダイソー】木工用ボンド
→木工用でもいけた。接着剤コーナーにある

  • 《手順》
  • ①発砲スチールボードの色がついていない白い方を表にして横に並べる
  • →色がついている方に貼ってしまうと表面が固くなってダーツの矢が刺さりづらい
  • ②木工用ボンドを薄くのばして、地図を貼り付けて完成!
  • →薄く延ばさないと、これまた表面が固くなりダーツの矢が刺さりづらくなるので注意

STEP4:ダーツの矢を作る

さて、地図が完成したら残りは矢だ。
プスっと刺さる感じの矢、どうやったら作れるだろう。

人生で、こんなにダーツの先端について考えたの初めて。いくつか候補が出た。

候補1:ドン・キホーテのダーツセット(980円)

ダーツの先端はプラスチックで先端が丸みを帯びている為、地図に刺さらない。却下。

めっちゃ剛速球投げれば刺さるかも知れないが、人通りの多い渋谷でそんな危ないことする訳にいかないのでやっぱり却下。

候補2:ダイソーの裁縫用きり(100円)

刺さりそう、、。そして、この鋭い先端と持ち手のキュートなフォルムにギャップ萌え。

試したら期待通り刺さった!!

・・・でも、落ちた。

こんなに先端の尖ったものが落ちるのは危ないので、これも却下。

候補3:ダイソーの羊毛フェルト用ニードルホルダー(100円)

なんだこれは!?

先端に針2本がある。同時に2箇所に刺さるダーツの旅、新しいww

と、思ったら、プラスチック部分の中が開いて1本にできた。

正しい使い方は分からないけれど(笑)、もしかしてと思い、試しに投げてみると、

イメージ通りの軌道を描き「プス」っと軽い音をたてて地図に刺さった!

そして・・・落ちない。

採用!!!

ということで
候補3:ダイソーの羊毛フェルト用ニードルホルダー(100円)
を矢にすればOK。

しかも針が1本スペアとして残るので(笑)、万が一針が折れたみたいな時も交換できる。
という訳で完成したのでした。

ぜひみなさんもやってみてねくださいー!笑