YUTAKAS JAPAN 銀座のスポーツベンチャーで働く静岡移住ママの記録

【2022年版】中伊豆(伊豆長岡・大仁エリア)で早朝からやっている日帰り温泉

SHIZUOKA|静岡

読者:「中伊豆で早朝からやっている日帰り温泉ないかな」

こんにちは、shokoです。
この記事では、中伊豆エリアで早朝から営業している日帰り温泉を紹介します。

…というのも、私自身温泉が大好きなのですが(伊豆に移住してから、温泉好きがさらに加速している)、早朝からやっている日帰り温泉がなかなかネット検索で見つからなくて困っていたんですよね。
情報が古いものが結構あるんです。昔は日帰り温泉をやっていた旅館も今はやっていなかったり、またその逆とか。

なのでこの記事では、最新の日帰り情報をまとめて、私と同じように悩んでいる人のためになったら良いなと思っています。

また今年は、伊豆の国市が舞台で始まった大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の効果で、伊豆の国市を訪れる観光客も増えています。
(ドラマの主人公 北条義時の生誕地が静岡県伊豆の国市です)
伊豆は関東から日帰り旅行ができる位置にあるので、せっかく伊豆に来たならぜひ温泉も楽しんでほしいなと思います。

スポンサーリンク

伊豆の国市の日帰り温泉は17箇所ある

伊豆の国市観光協会が2021年に出している日帰り温泉マップによると、
伊豆長岡・大仁エリアには14箇所の日帰り温泉があります。
さすが温泉地、伊豆。

ですが、早朝からやっている温泉はあまり多くありません。
14箇所のうち、伊豆長岡・大仁エリアで11:00より前から営業しているのは「弘法の湯本店」「弘法の湯長岡店」「一二三荘」の3箇所のみです。

実は早朝からやっている!超穴場「ニュー八景園」

私がおすすめしたい日帰り温泉は、伊豆長岡温泉「ニュー八景園」です。

温泉宿ですが、日帰り温泉もやっています。
先に紹介した伊豆の国市観光協会のマップ上では、営業時間が11:00-となっていますが、実は5:00-9:00の間も営業しています。

実は、早朝5:00-9:00まで880円で利用可能

ニュー八景園のホームページには、

早朝料金:朝5時~午前8時までは(大人のみ)、1,100円(税込)でご利用いただけます。

と記載がありますが、実は5:00-9:00までの間は通常料金1100円が880円で日帰り温泉を利用できます。(2022年3月時点の情報です)

ただし、タオルをレンタルする場合は追加料金がかかるので、持参することをおすすめします。

富士山が見える露天風呂が最高

ニュー八景園がおすすめな理由は、なんと言っても全長15メートルの天空露天風呂。

ニュー八景園は伊豆長岡の高台に位置しており、さらにその最上階に位置する温泉からは、伊豆長岡温泉&富士山の絶景が楽しめます。
天空露天風呂の温度調整も絶妙。熱すぎず、ずーーーっと入っていられる温度なので、気持ち良くて寝そうになります。
露天風呂は天空露天風呂以外にも、天空露天風呂よりも少しだけ湯温の高い温泉もありますので、熱いお湯が好きな方にはそっちもおすすめです。

私は何度か早朝利用で行っていますが、澄んだ空気と富士山の絶景で朝からとても癒されました。
ニュー八景園の宿自体の外観は少し古いように感じましたが、日帰り温泉施設内はとても綺麗で清潔で開放感たっぷり。
ドライサウナや寝湯もあり、様々な楽しみ方ができます。

スロープや小さい子供用の風呂桶・ベビーソープもあり、高齢者の方や小さいお子さんでも安心して入れる設備が備わっていました。
(宿泊していないのでその他の設備に関してはわかりません)

熱々のお湯でリフレッシュできる「一二三荘」

続いてもう1箇所、紹介したいのが大仁温泉にある「一二三荘」です。
こちらも温泉宿で日帰り温泉をしています。

狩野川沿いに位置しており、鮎釣りのシーズンは釣り人のメッカ宿となっています。

とにかく安い!大風呂400円

日帰り温泉の利用料はなんと400円。とても安いです。
大浴場の温泉は1種類ですが、ゆったりとした時間が過ごせる貸切露天風呂もあります。

こちらもタオルは有料なので持参をおすすめします。

入浴時間 8:00-22:30
入浴料 ・大人400円 
・小学生200円 
・幼児100円
貸切風呂 ・大人800円/1時間
・小学生400円/1時間 
・幼児200円/1時間 

熱々の温泉でスッキリ

一二三荘の日帰り温泉は、熱々の温泉が特徴です。
地元の方も「一二三は熱い」と言っていましたので(笑)、だいぶ熱いのだと思います。

熱ーいお湯に浸かって、目を覚ましたい人にはおすすめです。

中伊豆の大江戸温泉「百笑の湯」(伊豆市)

上記に紹介した以外にも、観光客の方に人気な温泉施設が、百笑の湯(ひゃくわらいのゆ)ですね。
一応ここは伊豆の国市ではなく伊豆市になりますが、伊豆の国市に隣接しています。
県外の友人も「百笑の湯は行ったことある!」って人が多いです。
中伊豆の大江戸温泉的な位置づけの施設です。

百笑の湯では、様々な種類のお湯・サウナがあるのに加えて食事なども楽しめます。
さらにはドーム型のちょっと変わった宿泊施設「伊豆温泉村 ホテルオリーブの木」もあります。(笑)
学生時代にここに行ってたら楽しかっただろうな。

営業時間は10:00-24:00で、早朝営業はしていません。

さいごに

ということで早朝にやっているおすすめの温泉を2つほど紹介しました。
ぜひ、伊豆の国市(伊豆長岡・大仁エリア)に来られた方は行ってみてください。

今回は以上になります。