YUTAKAS JAPAN 銀座のスポーツベンチャーで働く静岡移住ママの記録

横浜DeNAベイスターズの新事業PLAYBACK9(NFT)って何?

OTHERS|その他 SPORTS|スポーツ

読者:「横浜DeNAベイスターズが始めたPLAYBACK9ってなに?どうやって使うの?」

こんにちはshokoです。
4年ほど前から静岡県の伊豆に移住しつつ、東京にあるベンチャーにフルリモートで勤めています。
最近私の会社でもNFTの事業が本格スタートしました。

この記事では、横浜DeNAベイスターズのPLAYBACK9(NFT)について解説します。

びっくりした数字ですが、2022年5月時点で日本国内でOpensea(世界最大級のNFT市場)のNFTを購入している人の累計数は1万人に満たないと言われています。
たったの1万人…!!騒がれている割にとても少ないですよね。
(横浜スタジアムの座席数が34000席くらいなので、その4分の1くらいしかいないんです!って分かりづらいですねw)

スポンサーリンク

PLAYBACK9とは?横浜DeNAベイスターズ初のNFT事業

PLAYBACK9とは2021年に開始した横浜DeNAベイスターズ初のNFT事業です。
(プレスリリース:デジタルムービーコレクションサービス「PLAYBACK 9 」提供開始のお知らせ

PLAYBACK9 は、試合の名シーンを球団公式のデジタルムービー(NFT)として購入し、コレクションできるサービスです。デジタルムービーはNFTになっており、本物証明がついています。

ーNFTとは?
デジタルで作成されたものに本物証明をつける技術です。
本物と偽物(コピー品)には、本来は価値の違いがあります。例えば、ルーブル美術館にあるモナリザの絵と、日本で売っているモナリザの絵のポスターでは価値が全然違いますよね。ですが、デジタルで作成されたものは、本物と偽物の区別がつきにくいです。その区別を可能にし、本物証明する技術がNFTです。

2021年春、NBA Top Shot(トップショット)というNFTサービスが、NFT界隈の盛り上がり拍車をかけ、そこから一気に日本国内のスポーツにもコンテンツのNFT化の波が来ています。

NBA Top Shotでは、NBAキングと称されるレブロン・ジェームズ選手のデジタルカードが、1枚2000万円以上で取引されたこともあります。

PLAYBACK9のNFTの購入方法・遊び方

PLAYBACK9のNFTは以下の専用サイトから簡単に購入することができます。
→PLAYBACK9公式サイト

購入はクレジットカードでのみ可能

購入はクレジットカードを登録して行います。
購入したNFTは、ALBUMページから閲覧できたりマーケットプレイスへの出品が可能となっています。

「まずは無料で楽しみたい」という方は、PLAYBACK9のLINEを友達登録すると、新規会員登録でNFTがもらえるキャンペーン情報などが届くのでおすすめです。2022年6月現在時点でも新規会員登録でもれなく全員にNFTが付与されるキャンペーンが行われています。
キャンペーンを活用すれば、クレカ登録など一切なしでNFTを保有することができます。

売買はLINE NFT(LINEのNFTマーケットプレイス)で可能

保有しているNFTを、他の人に販売することもできます。
第三者への販売は、LINEのNFTマーケットプレイスである「LINE NFT」で行います。

出品手順としては、LINE NFTにログインし、プロフィールから出品可能のボタンを押すと、保有しているNFTが表示されるので、出品したいものをクリックして出品するボタンを押せば完了です。出品金額なども自由に設定できます。
※PLAYBACK9のサイトにログインしALBUMページから出品したいNFTをクリックすると最下部にMARKETに出品するボタンがあり、そこからもLINE NFTに飛ぶことができます

PLAYBACK9の使い方を理解するには、新規登録でもらえるNFTをLINE NFTのマーケットプレイスに出品してみるのがおすすめです。
※NFTの管理やマーケットプレイスでの売買には、LINE BITMAX Walletが必要となります。

PLAYBACK9の売れ行きは?

PLAYBACK9では、 選手動画の価値に応じて以下の3つの種類に分けられています。※2022年6月時点

  • SUPER RARE(スーパーレア)4000円
  • RARE(レア)2000円
  • NORMAL(ノーマル)1000円

2022年5月22日の試合の牧選手のSUPER RARE動画は、10個を上限に販売していますが、現在時点で1個だけ売れていて残り9個が売れ残っています。

▼SUPERRAREで販売されている牧選手のカード

▼実際のNFT動画はこちら

▼9個(10個中)売れ残っている

PLAYBACK9の今後の展望について

2022年6月時点では、まだそこまで販売が進んでいない印象のあるPLAYBACK9ですが、今後どうなっていくのか楽しみです。

チームからの発信が今後増えるかが鍵

現状、告知はPLAYBACK9のSNSからの発信がメインになっています。一方で、横浜DeNAベイスターズ主体の告知が少ない状態なのが気になります。
横浜DeNAベイスターズからの発信が増えることで、ファンの中での認知も広がると思うので、今後チーム発信がどれくらい増えるのかが楽しみです。

コミュニティが作られるか(ファンクラブとの差別化)

成功しているNFT事業の事例を見ると、必ずと言って良いほどそこにはNFTを通したコミュニティが形成されています。
しかし残念ながらPLAYBACK9含め日本のスポーツチームが取り組んでいるNFT事業でコミュニティーと絡めている事例はあまり多くありません。

横浜DeNAベイスターズのファンという強力かつ大規模なコミュニティをいかに切り取り(もしくは開拓して)、さらなるコミュニティー拡大につなげていくのかも楽しみです。

さいごに

NFTは単なるデジタル画像・動画にとどまらず、コミュニティとそこに属するアイデンティティとして広がっています。

1ヶ月とかで流れが大きく変わる業界なので、ここに書いた情報もすぐに古くなってしまうかと思いますが、現時点での情報としてまとめておきます。

NFTをまだ買ったことがない方へ(いちばん簡単なNFTの買い方まとめ)

この記事で説明したPLAYBACK9のようにクレジットカードで購入できるNFTもありますが、現在世界中で最もNFT取引が盛んなOpenseaというNFT市場を見ることで、NFTの面白さをより知ってもらえるかなと思います。

NFTに興味を持った方は、まずはCoincheckで口座開設をして、いつでもNFTを買える準備をしておくのがおすすめです!
ウォレットは登録後すぐに使えますが、Coincheckなどの口座開設は審査に少し時間がかかります。(先に作っておけば、いざという時にすぐにNFTが購入できるので良いと思います。)

初心者の方にもおすすめで一番王道なNFTの購入方法は、Openseaというマーケットで販売しているNFTを買うことです。

Openseaでの購入手順は以下の通りです。

【購入手順】
1.暗号資産取引所コインチェックの口座開設&入金→先に済ませておくのがおすすめ
2.メタマスク(MetaMask)でウォレット(お財布)作成
3.コインチェックからMetaMaskのウォレットに通貨を入金
4.オープンシー(Opensea)に登録し、NFTを購入

【上記を分かりやすく例えると以下のイメージです】
1.通貨を買う(円を仮想通貨にする)
2.仮想通貨を入れるお財布を作る
3.お財布に仮想通貨を入れる
4.お店でお財布から仮想通貨を払いNFTを購入

詳しくは以下の記事でも説明しています!

自分が買ったNFTの価値が上がればもちろん嬉しいですが、個人的にはそれ以上に今までとは全く違う新しいSNSのようなコミュニティが面白いです。

以上になります。