YUTAKAS JAPAN 銀座のスポーツベンチャーで働く静岡移住ママの記録

OpenseaでNFTを買う方法(Coincheck?MetaMask?全体像をわかりやすく解説)

OTHERS|その他

読者:「OpenseaでNFTを買ってみたいけど、方法がわからない」「CoincheckとかMetaMaskって何?それぞれの関係は?」

こんにちはshokoです。
4年ほど前から静岡県の伊豆に移住しつつ、東京にあるベンチャーにフルリモートで勤めています。
最近私の会社でもNFTの事業が本格スタートしました。
この記事では、OpenseaでNFTを買う方法をわかりやすく解説していきます。

「NFTについて、興味はあるけど実際に買ったことはない」という人がとても多いのではないでしょうか。
びっくりした数字ですが、2022年5月時点で日本国内でOpensea(世界最大級のNFT市場)のNFTを購入している人の累計数は1万人に満たないと言われています。
たったの1万人…!!騒がれている割にとても少ないですよね。
(横浜スタジアムの座席数が34000席くらいなので、その4分の1くらいしかいないんです!って分かりづらいですねw)

もくじ

  • OpenseaでNFTを買う方法(ざっくり)
  • 準備1:Coincheckの登録
  • 準備2:MetaMaskの登録
  • 準備3:Openseaの登録
  • 1~3完了後:OpenseaでNFT購入!

スポンサーリンク

OpenseaでNFT購入するまでの流れ(全体像)

まずはざっくりした流れを説明します。
NFTの購入は以下のステップで行います。

STEP1.円で専用通貨を買う
STEP2.専用通貨を入れるお財布を作る
STEP3.お財布に専用通貨を入れる
STEP4.お店(Opensea)でお財布(ウォレット)から専用通貨(ETH)を払いNFTを購入

それぞれのステップを具体化すると以下の流れです。

STEP1.暗号資産取引所コインチェックの口座開設&入金
STEP2.メタマスク(MetaMask)でウォレット(お財布)作成
STEP3.コインチェックからメタマスクのウォレットに通貨を入金
STEP4.オープンシー(Opensea)に登録し、NFTを購入

リアルな世界とも同じですが、一度coincheckで口座開設してmetamaskでウォレットを作った後は、いつでも好きな時にcoincheckで円を専用通貨に替えて、metamaskに専用通貨を入れて、NFTを購入することができます。

では、ざっくりとした流れを理解いただけたところでそれぞれの登録手順を説明します。

暗号資産取引所コインチェックの口座開設&入金

Coincheckは国内最大級の暗号資産取引所です。
金融庁登録済の暗号資産交換業者です。
松田翔太さんがCMに出ていることでお馴染みですね。

まずはCoincheckで口座を開設します。

口座開設方法はcoincheck公式が、動画付きで分かりやすく解説しているので以下の記事を見ると良いと思います。
coincheckの口座開設方法とは?動画付きで簡単解説!

ちなみに、Coincheck以外にもbitflyerも国内大手暗号資産取引所として有名です。
違いは、暗号資産の取り扱い種類や手数料ですが、まずはcoincheckでの口座解説で問題ないと思います。
どちらも登録してみて使いやすさを比較するのもありですね。

ちなみに「暗号資産」と「仮想通貨」の違いはご存知ですか?結論、同じ意味です。違いはありません。仮想通貨だと日本円などの「通貨」と混同するという理由で、2018年に金融庁が「暗号資産」に呼び方を変えました。「仮想通貨」は「暗号資産」の古い呼び方なだけで同義です。

メタマスク(MetaMask)でウォレット(お財布)作成

続いてMetaMaskでウォレットを作成します。
MetaMaskの登録・利用料は無料です。

繰り返しになりますがOpenseaでのNFT購入のざっくりした流れは、
Coincheckなどの暗号資産取引所でイーサリアム(ETH)を買い、MetaMaskウォレットに入れて、NTF市場のOpenseaで購入します。

ウォレットがないとOpenseaでNFTを購入することはできませんので、ウォレット作成が必須になります。

メタマスクウォレットの作成方法

google chromeの拡張機能として追加します。

【メタマスク公式サイト】
https://metamask.io/
※偽物のコピーサイトなどが多くあるようなので必ず正しいURLかを確認して登録を進めてください!

コインチェックからMetaMaskのウォレットに通貨を入金

コインチェックの口座開設とMetaMaskのウォレット作成が完了したら、ほぼ準備完了です。
コインチェックで買った仮想通貨をMetaMaskのウォレットに入金して、OpenseaでNFTを購入しましょう。

コインチェックでイーサリアムを購入する方法

PCの場合:
1.Coincheckにログインし、メニューの販売所(購入)をクリック
2.購入可能な通貨の一覧が表示されるので、イーサリアム(ETH)を選ぶ
3.イーサリアム(ETH)の購入数量を指定すると、必要な日本円が自動算出される
4.「購入」をタップします
(手持ちのビットコイン(BTC)で交換する場合は「交換する通貨」でBTCを選択し、支払額を確認してから、「購入する」を押します)

コインチェックからメタマスクへの入金方法

仮想通貨の送金はとても簡単です。私も最初にやった時に驚きました。
メタマスクのアドレスをコピーしてコインチェックで送金する際にそのアドレスを入力して送金すれば終わりです。

メタマスクのアドレスをコピー

デフォルトでは「Account1」と書かれた下の「0x○○」と書かれた部分がアドレスです。これをコピーします。

コインチェックからメタマスクに送金

コインチェックにログインし、「送金」のページにいきます

4.オープンシー(Opensea)に登録し、NFTを購入

Openseaに登録して、NFTを購入しましょう。
>Opensea公式サイト

buy nowと書いてあるものはすぐに購入ができます。
様々な絞り込みも可能ですので、ぜひ色々とNFT作品を探してみてください。

さいごに

NFTに興味を持った方は、まずはCoincheckで口座開設をして、いつでもNFTを買える準備をしておくのがおすすめです。
ウォレットは登録後すぐに使えますが、Coincheckなどの口座開設は審査に少し時間がかかります。(先に作っておけば、いざという時にすぐにNFTが購入できるので良いと思います。)

Openseaでの購入手順のおさらいです。

【購入手順】
1.暗号資産取引所コインチェックの口座開設&入金→先に済ませておくのがおすすめ
2.メタマスク(MetaMask)でウォレット(お財布)作成
3.コインチェックからMetaMaskのウォレットに通貨を入金
4.オープンシー(Opensea)に登録し、NFTを購入

2022年5月現在で1万人に満たない国内NFT市場。
今NFTを買ったら1/10000人です。笑

自分が買ったNFTの価値が上がればもちろん嬉しいですが、個人的にはそれ以上に今までとは全く違う新しいSNSのようなコミュニティが面白いなと感じでいます。

今回は以上になります。