YUTAKAS JAPAN 銀座のスポーツベンチャーで働く静岡移住ママの記録

妊娠〜出産の記録ブログ(妊娠初期)

OTHERS|その他

こんにちは、shokoです。

2022年春、第一子となる男の子を出産しました!

妊娠〜出産という、とても貴重な経験させてくれた旦那と子どもに心から感謝しています。
出産はとにかく感動しかなかったです。

妊娠が発覚したその日から出産するまでの226日間、毎日日々考えたことや気をつけたことを記録する日記をつけていました。
出産すると「産後ボケ」といってホルモンバランスにより記憶力が低下すると聞いたことがあったので、なるべく妊娠生活の記録を残したいと思い毎日書いていました。

妊娠中の記録は、MAMADAYSというアプリを使って残していました!
妊娠中のママ向けのアプリはたくさんありますが、MAMADAYSは他のママ向けアプリに比べて余計な記事が少なく、シンプルでとても使いやすかったです。
他のアプリは、妊娠中の夫婦関係とか嫁姑関係(?)などのエピソード記事が多く、個人的にはあまりそういうのに興味なかったので、シンプルに使えるMAMADAYSが合っていました。笑

妊娠期間の10ヶ月は、一般的に【初期・中期・後期】の3つに分けられます。

初期:妊娠0週〜15週(~3ヶ月)
中期:妊娠16週~27週(4ヶ月~7ヶ月)
後期:妊娠28週〜40週(8ヶ月~10ヶ月)

この記事では、私の妊娠初期(~3ヶ月)の様子について振り返ってまとめていきたいと思います。
妊娠に気づいたタイミングや、知らずに飲んでいたアルコール、つわりの症状についてなど記録しています。

妊娠中期のレポートはこちら

妊娠後期のレポートはこちら

スポンサーリンク

妊娠に気づいたのは妊娠1ヶ月と2週。旅行先のホテルで

妊娠に気づくタイミングは人それぞれ。
私の場合は、旦那の誕生日を祝おうと週末に出かけた旅行先のホテルで妊娠に気付きました。

宿泊したのは、伊豆・湯ヶ島にあるオーベルジュ・リゾート arcana izu
全16部屋の客室で全室露天温泉付き。森の中に住んでいるかのような空間はとても心が癒されました。
オーベルジュというだけあって、料理目的で宿泊する人が多くいる、料理がとてもおいしく美しいホテルです。
※ホテル宿泊に関しては別の記事で書こうと思いますが、とてもおすすめなのでぜひ一度チェックしてみてください。週末はなかなか予約取れないかも。

まず、自分の体調の違和感に気づいたのはディナーの時。
普段ガブガブ飲んでいるお酒が、この日はなぜか全然飲めませんでした。
(せっかく旦那の誕生日祝いなのに!!と思ったけど、隣で旦那がガブガブ飲んでくれたのでよかったです。笑)

↓見るのも楽しい芸術的なお料理と空間

そして翌日の朝食では、生ものが食べられず。。
食欲が全然わかず気持ち悪くなりました。
普段、生もの大好きなのに…
この時も体の違和感を感じつつ、まさか妊娠していると思っていなかったので、ジュースや水を沢山もらってなんとか半分くらい食べました。

そこから頭がぼーっとして、肩がだるい感じに。
普段体調を崩すことはほとんどないので、自分の体の異変にはすぐに気付きました。

家に帰ってからもだるさが取れず、「まさか!」と思って市販の妊娠検査キットで確認。
…陽性!!
びっくりして腰が抜けました。
※この時妊娠1ヶ月2週目でした

旦那に検査薬で陽性だったことを伝え、2人で大喜び。

旦那様へ妊娠のサプライズ発表をする妊婦さんもいるようですが、私の場合びっくりしすぎたのと、嬉しくてサプライズを考えるよりも「言いたい」が先に来てしまい、我慢できずに速攻で伝えました。笑

■出産準備本ははじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ) を読んでいました。やや分厚く重たいですが、妊娠中の過ごし方の必要な情報が全て詰まっており、とても参考になりました。おすすめです。

はじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ)
created by Rinker

初めての産婦人科

検査薬で陽性が出たので、急ぎで産婦人科を探しました。

私の実家は関東ですが、コロナ流行もあったので、元々今住んでいる伊豆の近くでの出産を希望していました。
「伊豆 産婦人科」でググって評判などを調べたところ、部屋が個室で入院食が美味しいと噂のクリニックを見つけたので、そこに決めました。ご飯重要(笑)
産婦人科に電話をして「市販の検査薬で陽性だったんですけど・・」と伝えたら、電話でそのまま診察予約が取れました。

検査薬で陽性が出てから3日後産婦人科で診察してもらい、結果は正式に陽性となりました!
「おめでとうございます!」と言って頂き、ざっくりとした出産予定日まで教えてくれました。

エコーで見ると、確かに卵のようなものが確認できた。
感動。。

ここまで検査薬で陽性が出てからわずか1週間足らず。
出産予定日まで分かり、妊娠したことを改めて実感しました。

戻ってこない、飲みすぎたお酒

検査薬で陽性が出た翌日からつわりに突入。
朝起きるととにかく気持ち悪かった。昼になると少しだけ楽になりました。
妊娠しているとわかったことで、余計に体調が悪い感じがしました。

「これがつわりか…」とか思いつつ、”気持ち悪い”と”嬉しい”のコラボレーション。

そして、妊娠発覚前1ヶ月間で飲んでしまったお酒の後悔が始まりました。
ちょうど妊娠発覚前の1ヶ月間はコロナも少し収まっていて、友人と食事をしたり、伊豆の家まで友達が遊びに来てくれることも多い月でした。

「妊娠したらお酒は飲んではいけない」というけれど。
妊娠に気づく前はどうすればよかったのか。。

飲んでしまった、戻らぬお酒……
心配で仕方がなかったですが、今更吐き出すこともできないし、どうすることもできないので「大丈夫!」と毎日自分に言い聞かせていました。

お酒の件もあり、とにかく時間があれば、妊娠中のお酒についてや食べ物や栄養のことをググって勉強しました。
妊娠が発覚してから数日経ち、SNSに出てくる自動広告が【ビジネス系】から【ママ・ベビー系】に変わったのが懐かしいです。笑

妊娠6ヶ月くらいまでは、クリニックでの検診が月1回ペースなんですよね。
なので次の検診がとにかく待ち遠しくて。この時期まだお腹も出ていないし胎動もないので「お腹の中の赤ちゃんが元気なのか?」ととにかく心配でした。

つわりが本格化

妊娠してから始まったつわりは、おさまることはありません。
朝気持ち悪いのに加え、夕方からも気持ち悪くなりました。
つわりしんどい。。
つわりが全く無かったという友達もいるので重さは人それぞれのようですが、私はしんどかったです。笑

仕事で朝から晩までオンライン打ち合わせの日々が続いていたのですが、忙しかったおかげでつわりによる体調不良を忘れられたので、本当に仕事に助けられました。
仕事が終わると急に気持ち悪くなりました。

つわりの症状

つわりには大きく2種類あると言われています。
口に何かを入れていないと気持ち悪くなる「食べつわり」と、とにかく吐いてしまう「吐きつわり」

私の場合は食べつわり

私の場合は前者の食べつわりでした。
常に何かを口に入れていたくて仕方がない。そんな感じでした。
特に、酸っぱいものやしょっぱいものが食べたくなって、口の中がずっと気持ち悪い感じでした。
毎朝起きた時の口の中の気持ち悪さが最悪でした。

ベットの横には常に水を置き、ひどい時には干し梅も置いていました。
目覚めてすぐに口に入れられるように。笑

この時期の食事は、カロリーが高いもの(ラーメンやとんかつなど)も一切我慢せずに食べつつ、水を毎日2L目標で飲むことだけ意識していました。
加えて、セブンイレブンとコストコの冷凍マンゴーをたくさん食べていました。適度な酸味が美味しいのと、冷たさでなんとなく口の中がスッキリするような感じがして。季節にもよりますが、食べつわりの方におすすめです。

エビが大嫌いに。においにも敏感になった

つわりの期間中は基本的に毎日気持ち悪かったです。
ご飯が炊ける匂いも気持ち悪いと感じたり、冷蔵庫を開けると食材の匂いが全部わかって気持ち悪くなったり。他の妊婦さんのブログや体験談で読んだことと同じことが自分の身にも起きて驚きました。

そして私の場合は、大好きなエビが大っ嫌いになりました。笑
今考えるとなぜピンポイントで「エビ」だったのかは不明です。
エビのことを考えるだけで気持ち悪くなる謎の症状が出ました。

冷凍庫に入っていた調理前の冷凍エビを見るだけで気持ち悪くなりました。。

天気予報ができるようになった

雨の日の気持ち悪さはMAX。
気圧が下がるといつも以上にしんどくなりました。
天気が悪い日は、さすがに日中も仕事の忙しさよりもつわりのしんどさが勝ってしまい、休み休み仕事をこなす日もありました。
私は元々気圧の変化に弱い体質で低気圧が来ると頭が痛くなるのですが、それをさらにひどくしたような感じでした。

気持ち悪くなると(=低気圧が来ると)雨が降り出し、治ると空が晴れる。
体調で天気予報ができるようになりました。笑

妊娠9週(3ヶ月目)に入り、つわりが徐々に軽くなる!

妊娠9週目に入ると、体調が良い日が少しずつ増えていきました。
この週はジムに筋トレに行ったり、週末は2日連続で釣りに出かけたりしていました。

(どうでもいいですが)釣りに関しては1日目は旦那と行きましたが、2日目は1人で行きました。
1日目の釣りでほぼ何も釣れなかったのが悔しくて眠れなくて。笑
結果、2日目は気合いでアジ3匹の釣果。生では食べれないのでフライにして食べました。
やっぱり自分で釣った魚は最高に美味しいですよね。

妊娠10週目になると、体調はさらに良くなりました。
御殿場アウトレットに行ってお腹を締めつけない服を探したり、伊豆の戸田港まで海水浴に行ったりました。海水の温度が低くて海には入れなかったけど、海辺で好きな音楽を聴きながら美味しいシュークリームを食べて(笑)リラックス。風が心地よかったです。

妊娠11週でつわりがなくなった!

ついに妊娠11週(ほぼ3ヶ月)で、つわりがなくなりました。
以前より少しだけ疲れやすくなったり体の変化は感じましたが、気持ち悪さからは解放されました。
嬉しくて料理を沢山作ったり、行きつけのお店に行ったり。
丁度この時期に会社のビックプロジェクトがあり、ほぼ寝ずに仕事をした日もありましたが特に問題なかったです。

ただ、気圧の変化には引き続き敏感で、低気圧がくると頭が痛くなって気持ち悪くなる日が多かったです。

妊娠中期・後期に続く

ということで私の妊娠初期のレポートでした。

妊娠初期は、とにかく次の検診が待ち遠しかった。笑
赤ちゃんの成長が楽しみ&心配で、毎日次の検診に行く日までの日数を数えていました。

そして妊娠初期のつわりはきつかった。
夜に仕事が落ち着くとベットに直行して休む日も多かったです。そんな時は旦那が「何か買ってくる?」と聞いてくれたり、ご飯を作ってくれたりしたので本当に体調的にも気持ち的にも助けられました。

私の場合は食べつわりだったので、食べるか休むかでなんとか乗り切れましたが、吐きつわりの妊婦さんはもっと辛いんじゃないかな。
お風呂に入る前後とか、何かするたびにとにかく吐きまくっていたという友人もいて、本当につわりの重さは人それぞれなんだなぁと思います。

振り返ると妊娠期間中を通して、水分量と食事には気を付けていましたが、それ以外はなるべく普段通りに動いて過ごしていました。
妊娠生活についてググるといろんな記事が出てきて「あれもダメ」「これもダメ」と書いてあって不安になったりもしますが、なぜダメなのかを調べると意外と普通に過ごしていいんだなと、思いました。

今回はこの辺で。
次は妊娠中期のことを書いていきます。

妊娠中期のレポートはこちら

妊娠後期のレポートはこちら

■出産準備本ははじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ) を読んでいました。やや分厚く重たいですが、妊娠中の過ごし方の必要な情報が全て詰まっており、とても参考になりました。おすすめです。

はじめてママ&パパの妊娠・出産 (実用No.1シリーズ)
created by Rinker