さわやかハンバーグのビビンバが密かにヒットしている件

shizuoka

とある静岡県内のバー。マスターが常連客に向かってポツリと言った。

「さわやかのビビンバうまいよな~」

はい?ビビンバ?

みんな、げんこつハンバーグしか頼まないんじゃないの?

さわやかレストランに入って周りテーブルを見渡すと、みんな名物のげんこつハンバーグを頼んでる。

むしろ、メニュー開かずげんこつハンバーグを頼むのがスタンダードだ。

…スタンダードだ。

実際、げんこつ(orおにぎり)ハンバーグ以外のものを注文してる人みたことないし、聞いたこともない。

しかも、あれだけ行列並んで、ハンバーグ以外を頼むのもなんか勇気いるしね。笑

まぁ、たしかにグラントメニューを見ると、お粥からエビフライ、さらにはドリアまで「ファミレス」と呼ぶに足るメニューが揃っているけど。

▼さわやかのグランドメニュー(一部抜粋)

※さわやか公式HPから画像をお借りしました

参考:さわやかレストラン:グランドメニュー

んー…これらのメニューって実際どうなの?そのビビンバはそんなに美味しいの?

やっぱり、、気になる!!!

ということで勇気を出して、数時間並んだ後にハンバーグ以外のメニューを頼んでみることにした。

固い決意をもって、いざさわやかへ

さわやかの行列を並びようやく席に案内された。

店員さん(通称:さわやかさんと呼ばれている)からメニューを手渡される。

その間にも、隣のテーブルに次々と運ばれていく名物のげんこつハンバーグ。

▼げんこつハンバーグ、やっぱり美味しそう

ジュ―っという音を立てて仕上がっていく。

その誘惑に負けそうになりながらも、心を鬼にしてまずは噂のビビンバを注文した。

そして「ビビンバ」と言う言葉を口にした瞬間、なんだか開き直ってしまい、「こうなったら他も」ということでハンバーガーとステーキ定食も頼んでみた。

ビビンバは税込627円。安い。
人生でこれまでに食べたビビンバの中で最安値かもしれない。

ビビンバのお味は

そしてついにビビンバが来た。
「油が跳ねるので〜」とさわやかさん言われ、紙のシートを手で持ちスタンバイ。
(げんこつハンバーグの時と同じ流れだ)

それから、さわやかさんが仕上げのソースを円を描くように石鍋に注いだ。
ジュ――と音を立てて、ビビンバのいい香りに包まれる。

▼紙シート越しに覗いてみると・・・

▼あとは自分でまぜて完成。おいしそう。

実食。

うん、美味しい!!!

特に、牛ひき肉に弾力があってとってもジューシー!
この肉の味は「もしや」と思ったら、やっぱりそう。
あの名物げんこつハンバーグと同じひき肉を使っている。

辛いのが好きな人は、別で辛口ソースも付いてくる。私は、辛いものあまり得意ではないのでソースかけずに食べたけどね。
全然辛くなくて、安心。(笑)

ハンバーガー

続いて、勢いで頼んだハンバーガーが登場。

▼ハンバーガー(ポテトも付いてくる)

これも狙い通り。
使われているハンバーグはげんこつハンバーグと同じものだった。

なんでこんなにおいしいんだろうこのひき肉…。

ひとくちステーキ定食

そして最後に牛肉ステーキ丼。

▼ひとくちステーキ定食

うーん、、、美味しい、、よ?
美味しいけど、先の2つと比べると、ずば抜けて美味しいという訳ではない。

うん、普通でした。笑

こちらも「お肉は、げんこつハンバーグと同じ肉を使っている」と書いてあったから、期待してたけどねー!

やっぱりひき肉の調合が最強だ

ということで、実食タイム終了。
今回、明確にわかったことがある。

さわやかで使っているひき肉の調合が最強すぎるということ。

あの絶妙な弾力と味付けは他では味わえない。
味付けと言っても牛肉100%だから、なにか特別なものを調合しているみたいなことは無いはずなんだけどね。

だから普通のひき肉と違うとしたら、部位の取り方とか、鮮度とか、水分量とかのバランス(?)、なのかな、、、(?)全然わかんないけど。(笑)

ということで、みなさんもハンバーグ以外のメニューを注文してさわやかツウの第一歩踏み出してみてね。

参考:[人気記事]あのさわやかハンバーグがスーパーで買える?!真実を確かめた

参考:《衝撃事実》さわやかのハンバーグが市販されている件。そこには裏話があった…