さわやかハンバーグがスーパーで買える? さわやかの歴史から読むマルマツ食品との関係

shizuoka

こんにちは、shokoです。

以前に書いた、さわやかハンバーグが市販されているという噂を検証したという記事、多くの方に読んでいただいて嬉しいです。

この記事を書いて以降も、さわやかのげんこつハンバーグに激似の満点ハンバーグ(冷凍ハンバーグ)を何度か食べたのですが、やっぱりどう考えても味が似てるんですよね。

全く別の会社でここまで似たものが作れるのかな…と。
しかも同じ静岡県内にある会社。

「何かあるはず」と疑う気持ちを捨てきれず、その後もいろんな人に話して情報収集しました。
そして先日、静岡の飲食関係者から偶然にも話が聞けました。

さわやかとマルマツ食品は、やっぱり関係があった。
そしてすべてが繋がりました。

今日は、さわやかの歴史にも触れながら、さわやかとマルマツ食品との関係を明らかにしていきたい。

ちなみに、この記事を書いている著者は、さわやかハンバーグレストランのある静岡県に住んでいます。
リモートワーカーをしており、渋谷・伊豆・横浜をぐるぐるしながら暮らしています。

それではさっそく本題に戻って見ていきましょう。

ハンバーグレストランさわやかは、元々コーヒーを出すカフェだった

さわやかは1977年にコーヒーショップとして菊川市に1号店をオープン。

さわやかは元々ハンバーグ屋ではなくコーヒー屋さんだった。
オープン当時から、主力商品は炭火焼ハンバーグ。

その後、このハンバーグが順調に人気を高めていき、1988年にはコーヒーショップさわやかから、炭焼レストランさわやかに店名を変更するまでになった。

▼さわやかの会社沿革

さわやか主力のハンバーグを卸してたのがマルマツ食品

1977年に菊川市に1号店をオープンしたコーヒーショップさわやか。

主力商品がハンバーグと言えど、最初から自社で工場を持っていたことは想像し難い。そもそもコーヒーショップだしね。笑
となるどこかから仕入れていたことになる…。

その仕入れ先が、例のマルマツ食品だった。

それを裏付ける有力な手がかりとして、マルマツ食品の所在地が、さわやかが一号店をオープンした場所と、同じ菊川市で一致する。

マルマツ食品は牛肉の製造・加工業者。さわやかからの依頼で、げんこつハンバーグを最初に開発したのだ。

さわやかハンバーグが爆発的にヒット。その後自社工場を建てる

その後、さわやかのハンバーグはその手ごろな価格と味で順調に人気を伸ばしていった。
さわやかは1993年に袋井に本部センターを設置し、その後2004年に同場所に自社工場を建てた。(会社沿革より)

この11年間のどこかで、マルマツ食品からのハンバーグ仕入れを切り、自社生産に切り替えたということになる。

1996年ごろに社会問題になった病原性大腸菌0-157による風評被害がきっかけになった可能性も高そう。

▼さわやかの出しているマンガに0-157の記述

さわやかハンバーグと満点ハンバーグのひき肉が一緒かは不明
では、さわやかのげんこつハンバーグとマルマツ食品が出す満点ハンバーグとは全くの同一商品なのか。

この問いに対しては、「全く同じではない」という理由で、答えは変わらずNoだと思う。

▼さわやかの表記は間違っていない

だが、今回の地元民の情報提供により
確かなこととして、元々マルマツ食品がさわやかのハンバーグを開発したこと。
マルマツ食品は、さわやかハンバーグのオリジナルレシピを持っているということにもなる。

最後に

ずっともやもやしていたことが解消されて本当にすっきりした。
どっちも流行って相乗効果になるといいな。

さわやかハンバーグのオリジナルレシピを元に作られたハンバーグが満点ハンバーグだとすると、マルマツ食品には感謝しかないですね。静岡名物を作ってくれてありがとう。

ちなみに最近のさわやかハンバーグはとにかく人気になりすぎて、ついに待ち時間確認サイトまで登場。各店舗の待ち時間をリアルタイムに確認できる。詳しくは待ち時間予約サイトの確認方法・活用法を参考にしてみてね。

みなさんも是非どっちも食べて見てほしいです。

▼さわやかのげんこつハンバーグ

▼マルマツ食品の満点ハンバーグ

おまけ

本当は冒頭に書きたかったが、書いたら本題に入れなくなりそうだったので最後に持ってきた。
さわやかの昔のメニューが面白すぎる件です。

▼コーヒーショップさわやかだった時のメニュー

(左上)「コーヒーショップはコーヒーを飲むくらい気楽にお食事もできる店です」

そうなのw

(右上)「お食事(酸性)には、ぜひお野菜(アルカリ性)をどうぞ」

可愛いくてほっこりします。